文系出身です ~医薬翻訳者を目指しています~

文系出身者が医薬翻訳者を目指して勉強する日記

Category [医学翻訳の勉強 ] 記事一覧

スポンサーサイト

「休み時間の薬理学」と考えたこと。

久々に専門知識の基礎本の記事です。休み時間の薬理学 (休み時間シリーズ)(2008/02/07)丸山 敬商品詳細を見るほかの方も書かれていますが、薬理学の導入にはとても分かりやすく、また新型インフルエンザの騒動で私自身も薬に興味があったのですんなり読めました。でも、今思い起こすと「読んで理解はしたつもり」という感じ。今まで読んだ「好きになるシリーズ」にも共通してるのですが私の場合「読んで理解したつもり」は「本当の...

記録をつける

無事仕事も提出し、ほっと一息しております。今までは予定らしい予定と言えば子供の学校の行事とたまにお友達とのランチ、あとは通院の記録ぐらいだったのでスケジュール帳を活用していなかったのですが来年に向け勉強の記録にもいいと思い、スケジュール帳を買いました。と言っても買ったのは11月で今月から既に使い始めています。買ったのは「ほぼ日手帳」。12月は半ページですが、1月からは1日1ページでタイムスケジュールも書...

「好きになる免疫学」と基礎講座4週目

好きになる免疫学(2001/11)萩原 清文多田 富雄商品詳細を見るこの本は、面白かった!マクロファージだのキラーT細胞だの今まで聞いたことはあるけれど、よく知らなかった免疫担当細胞についてや胎児はなぜ異物として攻撃されないのか、そして花粉症や喘息などのアレルギーはなぜ起こるのか、など「免疫」について初心者にもとても分かりやすく書いてありました。前回の「生物学」と比べたら格段に読みやすかったよ!って思って著者...

「好きになる生物学」と基礎講座3回目

好きになる生物学(2001/11)吉田 邦久商品詳細を見る「好きになる生物学」を読み終わりました。と言いつつ実は10月以降は読んでないのです。植物の話とか進化の歴史などは、今は必要ないと思ったので。ですので「必要と思われる部分だけ」読み終わりました、というのが正しいですね。でも私にはちょっとこの本は読みづらかったです・・・。なんでだろう。クマの会話が余計だったのかな。クマの会話で分かりやすくなっていた部分も確か...

医学用語の基本構造

先日頂いた本に、「最新医学用語演習」というテキストがありました。まだ最初の方しか目を通していないのですが、英語の医学用語の基本構造が説明されていて、それによると、医学英語は語根、連結母音、連結形、接尾辞、接頭辞の5つの要素から出来ているとのこと。特に、語根と接尾辞や接頭辞が頭に入っていれば初めて目にする医学用語でも、意味が推測できる・・・らしい。例えば"-itis"という接尾辞は「炎症、~炎」を表す接尾辞な...

左サイドMenu

プロフィール

ルカさん

Author:ルカさん
生粋の文系人間です。
夫一人子一人ネコ一匹。

どうすれば医薬翻訳者になれるか
日々考えながら勉強中。

2009年9月よりトライアリスト医学基礎講座を受講中です。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。